脇がぶつぶつしてしまう最大の原因とは。

脇がぶつぶつしてしまう最大の原因とは

脇の下は本来ツルンとしたお肌なのだそうです。でも、私は少しぶつぶつしています。これはいったい何が原因か、しっかりと調べてみました。

 

まず、最大の要因は「セルフ脱毛」によるものだそうです。脱毛でもカミソリでもぶつぶつしてしまうとのこと。毛抜きによる地道な脱毛は、毛を強く引っ張りすぎるので毛穴の周りが炎症を起こしやすくなります。炎症を起こして化膿してしまったり、毛穴の老廃物が上手く外に出されずに毛穴詰まりを起こしてしまったりすると、毛が外に出てこられなくなって埋没毛という状態になります。肌の中で毛が伸びようとするので、毛穴が盛り上がりブツブツとした手触りの脇の下になっていくそうです。

 

カミソリも良く切れないものを使っていると、皮膚まで傷つけてしまい毛穴がまとめて炎症を起こしてしまいます。炎症の起こった毛穴は「毛包炎」という状態になり、赤いぶつぶつになってしまうそうです。カミソリは皮膚に大きなダメージを与えるので黒ずみにもなります。

 

どうしてもカミソリでセルフ脱毛したいという人は、短いスパンでカミソリを交換して良く切れるものを使うようにしてください。また、乳液やクリームなどカミソリの滑りを良くするアイテムを使うと皮膚や毛穴のダメージを少しだけ軽くすることができるそうです。また、カミソリを使った後はしっかりと保湿をすることが大切です。化粧品で保湿することで肌荒れを防いで肌が滑らかになる効果も期待できます。

 

次にブツブツの原因となるのは「汚れ」です。しっかり洗っているつもりでも洗い切れていないことがあったり、制汗スプレーを多用したりすると汚れが詰まってしまうのでブツブツとした手触りの肌になるそうです。とはいえ、ゴシゴシと刺激を与えて洗うのは黒ずみの原因になりますから、たくさんの泡で優しく包み込むように洗うと良いでしょう。実は泡で洗う方が毛穴の汚れが取れやすいのだそうです。

 

一度ブツブツの状態になってしまったワキの下を綺麗にするには、正しいケアを続けることが大事になります。皮膚は新陳代謝で生まれ変わりますから、きちんとケアしていれば永遠にブツブツの状態が続くという可能性は低くなります。顔のように常に誰かに見られる箇所ではないので、ついケアを適当にしてしまいがちですが、ブツブツや黒ずみの状態が長く続くとその分治すのにも時間がかかってしまいます。綺麗な状態の脇の下で自信を持って水着がきれるように、毎日のケアにはもっと気を使ってあげる必要があったと反省しました。今日からは優しく正しいケアを心がけたいと思います。